Salty Geek


by Jun_Nakane

プロフィールを見る

■Profile of the writer■
--------------------------

中根淳一  Junichi Nakane

横浜と湘南の海にほど近い街に生まれ育ち、6歳のときに初めて釣り竿を手にしてから10歳でルアーフィッシング、12歳になると父親の影響でフライフィッシングをはじめる。現在ではソルトウォーター・フライフィッシングを得意としながら、湖や川へも通い、フィールドを選ばず幅広く釣りを楽しんでいる。同時にフライキャスティングセッション「CASTOUT」の主宰やフィッシング・イベントの企画・運営、各種スクール講師、さらに雑誌への連載執筆など精力的に活動中。職業はグラフィックデザイナー、イラストレーター、ライター。

Patagonia
 フライフィッシング・アンバサダー

Smith Optics
 フィールドアドバイザリースタッフ

IFFF認定
 キャスティングインストラクター

● 著書
 Salty Flies
(つり人社)

 Salty Talks
(つり人社)



■LINK■
---------------------------

[ Manufacturer ]










フライフィッシング・スクール情報




---------------------------

[ Guide ]

ONE OCEAN @西表島
RED HEAD @石垣島
Swinging @沖縄島
丸伊丸 @横須賀
icfc @横浜
SEAKURO @横浜
PALLAS FGS @横浜

---------------------------

[ media ]

Fly Fisherつり人社
Fly Rodders地球丸
釣りビジョン

---------------------------

[ Other ]

サンスイ横浜店 @横浜
サンスイ池袋店 @東京
サンスイ上野店 @東京
ハーミット @東京
釣道楽屋サバロ @東京
ロックス @埼玉
ドラグフリー @大阪
フリーライドアングラーズ@大阪
マヒナメレ @石垣島
ヤフィタ @石垣島
ラフラガーデン @西表島

FFI
IGFA
JGFA

西表島エコツーリズム協会

---------------------------

当ブログのタイトルを含む内容のすべてを無断で複製(コピー)することは、法律で認められた場合を除き、著作者である当ブログ執筆者の権利の侵害となりますので、ご注意ください。

カテゴリ

全体
sw fly fishing
fw fly fishing
various fishing
fly tying
fly casting
fishing gear
outdoor clothing
fishing school
event
other……
works
galley
未分類

以前の記事

2018年 03月
2018年 01月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月

最新の記事

はじめてのフライフィッシング
at 2018-03-30 12:20
パタゴニアストアでのトークイ..
at 2018-03-12 17:52
海用フライのタイイングデモ開催
at 2018-01-22 16:20
フィッシングショーにご来場あ..
at 2018-01-22 15:22
明日からJAPAN FISH..
at 2018-01-18 12:33
おばあ vs ふらいの人
at 2017-10-26 12:52
TIEMCO ボートシーバス..
at 2017-10-11 09:00
シーバス秋の盛期に突入!
at 2017-10-10 09:54
釣った魚を食べるということ
at 2017-10-09 11:36
2017年の相模湾オフショア..
at 2017-10-07 13:41

記事ランキング

<   2016年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

西表島・浦内川の現在

f0315711_19181960.jpg
【 調査対象の6魚種。このほかにも浦内川には多くの守るべき生き物たちが生息しています 】

 このブログでも何度かお伝えしてきました、浦内川の取水パイプの設置による魚類へ及す危惧について……

 現在パタゴニア社のブログ『クリーネストライン』で「沖縄県最長河川のいま」を書かせていただいております。ぜひご一読ください。

 イラストは調査対象になっている魚たちを私が描いたものです。上からシミズシマイサキ、ニセシマイサキ、ウラウチフエダイ、カワボラ、ナガレフウライボラ、ヨコシマイサキ。ほとんどがイリオモテヤマネコ(国の特別天然記念物に指定)と同じ、絶滅危惧IA類(CR)にカテゴリーされている種です。

 このほかにも浦内川には、多くの生き物たちが人間よりも遥か昔から住んでいます。この川に限らず我々が存在することで、少なからず自然は破壊されています。ですが何が必要充分で、どこで踏みとどまるか……その分岐点は常に考えていきたいですね。




[PR]
by Jun_Nakane | 2016-05-23 14:18 | other……

シンプルほど難しい

f0315711_17502889.jpg
【 レフティー・クレー氏考案『レフティーズ・デシーバー』】
f0315711_17502810.jpg
【 ボブ・クラウザー氏考案『クラウザー・ミノー』】

 タイイングスクールでもお題にしている「レフテイーズ・デシーバー」と「クラウザー・ミノー」。SWの定番ともいえる2パターンですが、シンプルながら基本テクニックが満載。簡素だからこそ実は完璧に巻くのが難しいのです。

 たとえば、真っ白なページにスミ文字の一つの単語をどのようにレイアウトするか……。写真のモデルを活かしながらどのような配置でロゴを置いていくか……など、シンプルなものほど、ほんの少しの間違えがすべてを台無しにします。多くの写真や文字を詰め込むのとは別の難しさがあります。誤魔化しがきくというか……タイイングのたとえとして正しいのか?(笑)

 フライを巻く場合は適切な位置にマテリアルを留めて、美しく仕上げるのはもとより、耐久性や投射性、集魚効果なども考えなければなりません。上の2パターンを相当数巻いている私も「完璧に巻けているのか?」と聞かれたら……疑問です。おそらくすべて納得は無理でしょうね。しかもいまだに巻き方やバランスに若干の修正を加えているくらいですから、頂点はかなり先のほうにあるのでしょう(教えているのに未熟ですみません)。

 それでも、いま現在の「ひとまずの結論」を次号FlyFisher7月号で紹介させていただきます。ぜひ「こいつ面倒なこと考えて巻いているなぁ〜」と笑いながらご一読くださいませ。

f0315711_19035616.jpg
【 些細な一手間かもしれませんが、意外と重要だったりしますね 】

 クラウザーのタイイング記事中、ボールチェーンの溝を上に向けてから巻くというのは、大阪ドラグフリーの店主、筒井さんから教えていただいたテクニックです。こうしないと巻けないわけではないのですが、巻いている途中にスレッドが切れるというストレスがいくらか解消できるはずです。




[PR]
by Jun_Nakane | 2016-05-16 00:00 | fly tying

TIEMCO ソルトフライタイイングスクール開催

f0315711_17371879.jpg
【 やりすぎ? と思うほど各フライを詳細に解説させていただきました 】


 先日の5月8日、横浜ベイサイドマリーナにてティムコ社主催のSWフライタイイングスクールが開催されました。GW最終日ということもあり参加者は少なめでしたが「それならば」ということで、じっくりと皆さんのタイイングを見させていただくことができました。

 私と一緒に巻いていく形式をとっているので、いつもはどうしても巻くのが速い人、遅い人がいて隅々まで目が届かなかったりすることもあるのですが、今回は少人数ということもあり、マンツーマンに近い形で見ることができたのは幸いでした。デシーバー1本巻くのに2時間かかりましたからね(笑)。

 ちなみに巻くのが遅いのが悪いわけではありません。ていねいに巻いていけばどうしても遅くなります。慣れれば次第に速くなりますし、雑よりは絶対によいと思います(雑と手際がよいは別物です)。私もかなり遅いほうです。

 巻いたフライは「レフティーズ・デシーバー」と「クラウザーミノー」を中心に、最後に「クレージーチャーリー」。この3本を5時間ほどかけてじっくりと。どれもSWの定番フライですが、これらを完璧に近く習得すれば、ほとんどのSW用フライは写真を見れば巻けるようになると思います。おそらく現在私が持っているテクニックや知識を「出し惜しみせず&包み隠さず」(笑)、ほとんどお伝えできたと思います。

 今回はリピーターの方も多かったのですが「濃厚で充実した内容だった!」と満足していただけたようでよかったです。お教えした内容はほかでは言わないでくださいね(恥ずかしいので 笑)。

 SWFFを始めたけれどフライがうまく巻けない。もっと技術を向上させたい。分からないところ答えて欲しいなどお困りの方は、また来年も開催されましたらぜひご参加ください。

<今後のTIEMCOスクール&ツアー予定>
● 相模湾オフショアツアー 日時:9月4日(日)/ 場所:横須賀市長井・荒崎港から出船
● ボートシーバススクール(事前講習会)日時:9月11日(日)/ 場所:横浜ベイサイドマリーナ
●ボートシーバススクール(実釣1回目)日時:10月16日(日)/ 場所:横浜市神奈川区・Dマリーナから出船
●ボートシーバススクール(実釣2回目)日時:11月3日(祝)/ 場所:横浜市神奈川区・Dマリーナから出船
※ボートシーバススクールは事前講習会と実釣の2日間セットになります
詳細はこちらまで




[PR]
by Jun_Nakane | 2016-05-15 17:45 | fishing school

イラストいろいろ(その3)

f0315711_19085615.jpg
【 よい感じに描けました 】

 パシフィック・ターポン(イセゴイ)は、沖縄などで釣れるターポンの仲間です。アトランティック・ターポン同様に釣っても描いても楽しい魚ですね。

 こちらは仕事の合間に描いたプレゼント用。原画を手放すことはほとんどないのですが、いろいろとお世話になっている(お世話している? 笑)友人へのお祝いなので、喜んでくれれば嬉しいですね。

 現在パタゴニア社のブログ『クリーネストライン』で西表島・浦内川の釣りをご紹介させていただいております。お時間のある方はぜひご一読ください。




[PR]
by Jun_Nakane | 2016-05-05 20:00 | works

イラストのお仕事(サケ・マスのイラスト)

f0315711_19085630.jpg
【 パタゴニア社様からご依頼のヤマメ、サクラマス、サケ。上から2尾は同種です 】


 GWも終盤ですが、30代前半に仕事を独立してからは私にとって毎年無縁な連休です。仕事が集中することも多い時期なので、むしろ忙しいくらいですね。

 先月半ばからイラストの仕事が数点ありましたのでGW前半は缶詰状態。今日はちょっとゆったりして、また明日から別件のお仕事を……。ということで、描いたイラストをご紹介しておきます。

 現在パタゴニア社のブログ『クリーネストライン』で西表島・浦内川の釣りをご紹介させていただいております。お時間のある方はぜひご一読ください。




[PR]
by Jun_Nakane | 2016-05-04 19:14 | works

TIEMCO ソルトフライタイイングスクール募集中!

f0315711_18052547.jpg
【 昨年のスクールの様子 】

 ティムコ『ソルトフライタイイングスクール』のお知らせです。

「何本巻いても海用のフライが上手く巻けない」「実際どんなフライが釣れるの?」など、情報が限られている海のフライタイイングを基礎から習得していただきます。また後半には、私が実際に使用しているフライも巻いていただこうかと思っています。

 ぜひこの機会に「よいマテリアルとは?」「正しい接着剤の使い方とは?」などを体感してください。

開催地:横浜ベイサイドマリーナ
定 員:10 名(最低催行人数 7 名)
参加費:4,000円(税込)
開催日:2016年5月8日(日)

詳細はこちらまで

※ご注意:各写真はイメージになります




[PR]
by Jun_Nakane | 2016-05-04 00:00 | fishing school