Salty Geek


by Jun_Nakane

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

■Profile of the writer■
--------------------------

中根淳一  Junichi Nakane

横浜と湘南の海にほど近い街に生まれ育ち、6歳のときに初めて釣り竿を手にしてから10歳でルアーフィッシング、12歳になると父親の影響でフライフィッシングをはじめる。現在ではソルトウォーター・フライフィッシングを得意としながら、湖や川へも通い、フィールドを選ばず幅広く釣りを楽しんでいる。同時にフライキャスティングセッション「CASTOUT」の主宰やフィッシング・イベントの企画・運営、各種スクール講師、さらに雑誌への連載執筆など精力的に活動中。職業はグラフィックデザイナー、イラストレーター、ライター。

Patagonia
 フライフィッシング・アンバサダー

Smith Optics
 フィールドアドバイザリースタッフ

IFFF認定
 キャスティングインストラクター

● 著書
 Salty Flies
(つり人社)

 Salty Talks
(つり人社)



■LINK■
---------------------------

[ Manufacturer ]










フライフィッシング・スクール情報




---------------------------

[ Guide ]

ONE OCEAN @西表島
RED HEAD @石垣島
Swinging @沖縄島
丸伊丸 @横須賀
icfc @横浜
SEAKURO @横浜
PALLAS FGS @横浜

---------------------------

[ media ]

Fly Fisherつり人社
Fly Rodders地球丸
釣りビジョン

---------------------------

[ Other ]

サンスイ横浜店 @横浜
サンスイ池袋店 @東京
サンスイ上野店 @東京
ハーミット @東京
釣道楽屋サバロ @東京
ロックス @埼玉
ドラグフリー @大阪
フリーライドアングラーズ@大阪
マヒナメレ @石垣島
ヤフィタ @石垣島
ラフラガーデン @西表島

FFI
IGFA
JGFA

西表島エコツーリズム協会

---------------------------

当ブログのタイトルを含む内容のすべてを無断で複製(コピー)することは、法律で認められた場合を除き、著作者である当ブログ執筆者の権利の侵害となりますので、ご注意ください。

カテゴリ

全体
sw fly fishing
fw fly fishing
various fishing
fly tying
fly casting
fishing gear
outdoor clothing
fishing school
event
other……
works
galley
未分類

以前の記事

2018年 03月
2018年 01月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月

その他のジャンル

最新の記事

はじめてのフライフィッシング
at 2018-03-30 12:20
パタゴニアストアでのトークイ..
at 2018-03-12 17:52
海用フライのタイイングデモ開催
at 2018-01-22 16:20
フィッシングショーにご来場あ..
at 2018-01-22 15:22
明日からJAPAN FISH..
at 2018-01-18 12:33
おばあ vs ふらいの人
at 2017-10-26 12:52
TIEMCO ボートシーバス..
at 2017-10-11 09:00
シーバス秋の盛期に突入!
at 2017-10-10 09:54
釣った魚を食べるということ
at 2017-10-09 11:36
2017年の相模湾オフショア..
at 2017-10-07 13:41

記事ランキング

<   2015年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

初夏の渓へ

f0315711_19063569.jpg
【 7〜9寸弱でしたが、きれいなイワナがたくさん釣れました 】

 先週末の3日間、ここ数年恒例となった南会津の渓へイワナ釣り。雨模様の予報がはずれて降雨は一時的。時おり晴れ間ものぞく、清々しい初夏の釣りを楽しめました。
f0315711_01130320.jpg
雨の予報でしたので一眼レフは持たずソニーのDSC-RX100のみ 】

f0315711_01130354.jpg
【 防水ハウジングも用意しましたが、軽快に楽しみたいので使わず 】

f0315711_01130314.jpg
【 JPEG無加工ですがそれなりですね。よいカメラです

f0315711_01130311.jpg
【 湿度高めでしたが癒されました/Photo:Takao Yamazaki 】


I used it
==========================================
Fly Rod:Scott F693 & TIEMCO BM593-3
Fly Reel:Ari ’t Hart ARI1
Fly Line:SA DT #3
==========================================
PATAGONIA TRUCKER HAT
PATAGONIA HYBRID PACK VEST
PATAGONIA MEN'S SKEENA RIVER WADERS
PATAGONIA ULTRALIGHT WADING BOOTS
PATAGONIA MEN'S LONG-SLEEVED A/C STEERSMAN SHIRT(1st)
PATAGONIA MEN'S LONG-SLEEVED SUN STRETCH SHIRT(2nd)
PATAGONIA Men's Long-Sleeved Fall River Hemp Shirt(3rd)
PATAGONIA MEN'S GI III PANTS
SMITH ACTION POLAR AURA X-Light Brown 40
==========================================

Special Thanks to Yamayukikawayuki




[PR]
by Jun_Nakane | 2015-06-30 12:00 | fw fly fishing

イラストいろいろ(その2)

f0315711_19074284.jpg
【 Study <TARPON> 絵になる魚ですね 】

 習作といえば聞こえはよい? のですが、ほぼヒマつぶしにモレスキンのスケッチブックに描いた2点。着彩もコピックマーカー……だったと思います(現物が見当たらない)。

f0315711_19074256.jpg
【 Study <BROWN TROUT> こちらも描いていて楽しい魚です 】

 現在、釣り&取材(タイイングも)が立て込んでおりますので、しばらくイラストなどを……。作品とはいえない落書きに近いもので申し訳ございませんが、個人的には気に入っているのでご覧くださいませ。

 こちらのプリントはございません。





[PR]
by Jun_Nakane | 2015-06-29 12:00 | other……

イラストのお仕事(熱帯の魚01 メガネモチノウオ)

f0315711_17245066.jpg
【 和名:メガネモチノウオ/水彩画 】



 以前に名古屋の複合商業施設から依頼をいただき、描いたイラストです。どちらかというと釣り人よりもダイバーさんに縁のある魚達です。

 第1回目はメガネモチノウオです。ベラ科最大種のこの魚、成魚になると2メートルを超え、体重は200kg近くになるようですので、ベラ・キングですね(笑)。目の周囲にある模様がメガネを掛けているように見えることから、「メガネモチノウオ(眼鏡持之魚)」という和名がついています。沖縄では「ヒロサー」や「ヒロシー」ですね。

 老いてくると額が瘤状に隆起してくることから、英名では「Humphead wrasse(頭が膨らんだベラ)」と呼ばれておりますが、「ナポレオンフィッシュ」のほうが通りがよいかな? 大陸では高級魚として食用にされているらしいですが、乱獲や珊瑚礁の減少に比例して絶滅が危惧されています。現在は国際保護連合のレッドリストに絶滅危惧種(EN)として指定。守らなければいけない魚はたくさんいますね。

 『Napoleonfish』エディションナンバー、直筆サイン入り限定プリントあります(A4サイズ)




[PR]
by Jun_Nakane | 2015-06-28 12:00 | works

イラストのお仕事(ソルト系のルアー雑誌?)

f0315711_16014044.jpg
【 上からコノシロ、サッパ、イナッコのカラーペンシル画です 】

 少し前になりますが、ソルトウオーター系のルアー雑誌? にベイトフィッシュのイラストを描かせていただきました。

 この3種ということはシーバスのベイトフィッシュかな? 何に掲載されたのかいまだに分からないので、見たことある人は教えてください(笑)




[PR]
by Jun_Nakane | 2015-06-27 12:00 | works

記憶に残る釣り(2002年 -西表島-)

f0315711_20164347.jpg
【 13年後に同じことを続けているとは想像していなかったかな? 】

 古い写真を整理していたら、西表島に通い始めたころの2002年9月のプリントがいくつか出てきました。この島での濃厚な釣りを楽しんでいたことを、あらためて思い出しました。

f0315711_20164368.jpg
【 船のステッカーがまだ褪色していない。左はこの島に通うきっかけをつくってくれたマコちゃん 】

 2000年に続き2回目の西表です。初回は台風接近で船が出せず、陸っぱりの風裏サーフ(確か南風見田まで行った)や車で行けるマングローブ限定でしたので、やっと念願かなって本来の釣りを楽しめました。

f0315711_20164270.jpg
【 毎朝この道を歩いて朝練に通っていました 】

 このころは3泊4日でしたので、現在よりも滞在日数は短いのですが、とても濃厚な4日間でした。それもそのはずで、毎朝朝食前には朝練と称して近隣の祖納港(このころは祖納泊)に通っていましたし、時には早朝の真っ暗闇のなか、Pターポンをねらいに行ったり。起きてから寝るまで釣りのことばかり。

f0315711_20164245.jpg
【 浦内川の中州ですね。さて何を釣りに行くのか……あれです 】

 フライでの釣り方も完全には確立していなかったので日々模索を続けていましたし、今考えると無茶なことも含め、さまざまなことにチャレンジしていました。無知でアホなこともたくさん試しましたが楽しかったなぁ〜。そのころ巻いたフライが残っていますが、膨らみきった期待と妄想がいっぱいに詰まっていますね(下手すぎて見せられませんが)。

 現在の釣行会は私も含め高齢化が進んだのか(笑)、朝早起きして釣りに行く人もいなくなりました。それでも充分楽しめるのですが、昔の写真を見ると何か寂しい気持ちに……。ということで、10月は参加者さんも若い人が多いので朝練復活させます! 皆さん起きなくても私は行きますからね〜

f0315711_20164254.jpg
上原港にて……オフショア帰りかな? みんな若い(笑)。よーちゃん今より黒いんじゃない? 】

 最近思うこと……。西表島釣行会ではフライタイイングの事前講習会を約6時間行います。ここでは今までの実績を踏まえて、確実に効果のあるフライをお教えいたしますが、もし時間の余裕がありましたら、ご自分の妄想を膨らまして自由にフライを巻いてみてください。そこにこそフライフィッシング本来の楽しみがあるのでは? と私は思います(偉そうにすみません)。




[PR]
by Jun_Nakane | 2015-06-26 12:00 | sw fly fishing

使うときがきた!

f0315711_02064119.jpg
【 イリオモテヤマネコも見上げちゃいます(笑) 】

 これから3日間、雨の渓流に出掛けるというのに風邪気味。なぜこのタイミングなんだろう……。そうだ今こそあれを飲もう。

 西表のよーちゃんが横浜へ来たときに、土産でもらった栄養ドリンク『ハブアタック』。琉球ハブエキス配合の「元気の源」。私も誰かに土産で買ったことがあるが、自分で購入して飲んだことはない。

 ん〜美味しいものではないが…… ハブパワーで3日間乗りきれたらよいな!
 さて、支度をしよう‼︎




[PR]
by Jun_Nakane | 2015-06-26 02:20 | other……

イラストのお仕事(渓流 2015 夏)

f0315711_03080270.jpg
 つり人社から現在発売中の『渓流 2015 夏に、ニホンカワウソのイラストを3点を描かせていただきました(何に使われるか知らなかったんですけど 笑)
f0315711_03195995.jpg
 本誌を釣具店でパラパラと立ち読み……ん? 自分の名前がクレジットされているが、仕事をした記憶がない……「あぁそうか、あのイラストこの本に使われたのか〜」(笑)。八重山帰りで慌てて描いたので、すっかり忘れていた。

 これから夏本番。涼しい渓に出掛けたくなる本ですね。ぜひ書店、釣具店にてお手に取ってみてください。

以下 つり人HPからの引用です。
1985年の創刊から、今年で30周年を迎える『渓流』。魚だけではない渓の恵み、山の暮らしや環境問題など、渓流を取り巻くさまざまなものに焦点を当てた企画を盛り込んできました。  今号では30年の歴史を振り返り、写真家や筆者の方々に『渓流』の思い出を紹介してもらいました。険谷の素晴らしい風景写真、そこで死にかけた思い出……。懐かしい話がいくつも登場しますので、ご期待ください。  また毛バリ釣りの自由な楽しみ方をお伝えすべく、一風変わったテクニックを紹介。ルアーの要素を取入れた誘い、水生昆虫研究家が考える3つのテンカラ毛バリなどを解説しています。  もちろん、源流釣行記事はたっぷり掲載。ニホンカワウソ(?)らしきケモノが見えた沢や、黒部川源流、岩井又川などの釣りをレポートしています。  30年を過ぎても、まだまだ遊びつくせない渓流の世界。今後もたっぷりと紹介していきますので、よろしくお願いします。





[PR]
by Jun_Nakane | 2015-06-25 13:00 | works

イラストいろいろ(その1)

 子供の頃から無地の空間があると無性に手を加えたくなります。釣りでいえばフライボックスなどですが、それらに留まらず何にでもステッカーを貼ったりイラストを描きたくなるのです。

f0315711_16110396.jpg
 まずはiPadケースのフタ部分。真っ黒だったのでホワイトマーカーでブラウントラウトを描きました。裏側はお約束のステッカーチューン(笑)

f0315711_01535209.jpg
 こちらはiPhone5用ケースですが、裏から描いているのでサインが大変(笑) これは西表島釣行会で初のPターポンをキャッチした、Hさんにプレゼントしたのかな?

f0315711_16110372.jpg
 スケジュール帳も毎年あえて無地のものを選んでいます。今年はモレスキンにボーンフィッシュを描いてみました(意外と描きやすい)。もちろん裏側はステッカーチューン済み(笑)。仕事でもなく自己満足のために「面倒なことしているなぁ」と思います……。






[PR]
by Jun_Nakane | 2015-06-24 13:00 | other……

TIEMCOソルトフライタイイングスクール 2015

f0315711_00352896.jpg
【 各部位のバランスなどから解説 】

 6月14日の日曜日に横浜ベイサイドマリーナにてティムコの『ソルトウオータータイイングスクール』が開催。8名の皆様にご参加いただきました。

 本来は海用フライのベーシックを学んでいただくスクールですが、リピーターも多く、そのほとんどの方が数回目の受講。ならばと若干趣向を変えてみました。
 午前中はいつもどおりレフティーズ・デシーバーをお題にして、美しく、頑丈に巻くためのテクニックを詳細に。デシーバーはハックルやバックテイルなどの、ナチュラルマテリアルを取り扱ううえで参考になる工程が多く、お題としては最適なパターンですね。
 広い海で使うフライなので、大らかに巻いていただければよいのですが、「ここだけは……」というキモの部分をお伝えできていればよいのですが。

f0315711_00352821.jpg
【 私の後ろで見るのが最適なはず。皆さんよく分かっていますね 】

 西表島へ行かれている方が7名で、もう1名も秋にご一緒する予定ということなので、午後は沖縄の釣りに使えるパターンをいくつか一緒に巻いていただきました。その中のガーグラーは投射性やアピールなど現時点での完成形です(参加者さんにプレゼントしたので写真がありません)。

f0315711_00352854.jpg
【 福島から泊まりで参加いただいたNさん。最初は難しいかもしれませんが頑張ってください! 】

 今回のスクールを参考にしていただき、皆さんがよりよい釣りができることを願っております。
 参加者の皆様お疲れ様でした。





[PR]
by Jun_Nakane | 2015-06-23 14:00 | fishing school

経験値向上「リールファイト塾」

f0315711_20304505.jpg
f0315711_20194809.jpg
【 趣きには掛けますが、大きな魚を何度も掛けられる貴重な体験ができます 】

 リールを使った魚とのやり取り、いわゆる「リールファイト」。フライ以外の釣りを経験してきた人はどのようなものかお分かりだと思いますが、フライのみ、それも川釣りだけを続けてこられた人には未知の動作だと思います。

 今回は先日西表島でクイーンフィッシュを連続キャッチしたOくんと、その彼女Kさんを誘って、キャスティング練習会『CASTOUT』のあと急遽コイ釣りに行きました。フライロッドを持って2度目というKさんを、「10月の西表島釣行会に連れて行きたい」というOくんの希望を叶えるため、FF経験値を増やすための特訓です(笑)

f0315711_20194822.jpg
【 Oくんに無理を言ってコイを持ってもらいましたが、いつもは魚体に触らず水際でリリースです 】

 こんな街中で釣り? と思われるかもしれませんが、市街地を流れる川でのコイ釣りはとても手軽。慣れれば何度も掛けられて、その都度リールファイトの練習ができます。使うフライも浮いていればほぼ何でもOKですから、昔に巻いたけれど使うことのなくなったフライを使い切るにも最適。ただし、ギャラリーが多くてちょっと恥ずかしいですけれど……。

f0315711_20194896.jpg
【 フライロッドを持ったのが二度目とは思えないくらい、リールファイトが様になっています 】

 徒歩で行ける川ですから、その後は「皆で軽く? 一杯」も楽しみのひとつ。
「コイなんて……」などと、やらないのはもったいないですね。

 この時の詳細なレポートは現在発売されているFlyfisher 8月号に掲載されております! せひご一読ください!!

街中の川で釣りをするうえでの注意
皆さんが身近な水域で釣りをする場合には、まず漁業権を確認して決められたルールを厳守してください。また通行も多いことが考えられますので、周囲には充分注意をして安全に楽しみましょう。





[PR]
by Jun_Nakane | 2015-06-22 14:00 | fw fly fishing