Salty Geek


by Jun_Nakane

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

■Profile of the writer■
--------------------------

中根淳一  Junichi Nakane

横浜と湘南の海にほど近い街に生まれ育ち、6歳のときに初めて釣り竿を手にしてから10歳でルアーフィッシング、12歳になると父親の影響でフライフィッシングをはじめる。現在ではソルトウォーター・フライフィッシングを得意としながら、湖や川へも通い、フィールドを選ばず幅広く釣りを楽しんでいる。同時にフライキャスティングセッション「CASTOUT」の主宰やフィッシング・イベントの企画・運営、各種スクール講師、さらに雑誌への連載執筆など精力的に活動中。職業はグラフィックデザイナー、イラストレーター、ライター。

Patagonia
 フライフィッシング・アンバサダー

Smith Optics
 フィールドアドバイザリースタッフ

IFFF認定
 キャスティングインストラクター

● 著書
 Salty Flies
(つり人社)

 Salty Talks
(つり人社)



■LINK■
---------------------------

[ Manufacturer ]










フライフィッシング・スクール情報




---------------------------

[ Guide ]

ONE OCEAN @西表島
RED HEAD @石垣島
Swinging @沖縄島
丸伊丸 @横須賀
icfc @横浜
SEAKURO @横浜
PALLAS FGS @横浜

---------------------------

[ media ]

Fly Fisherつり人社
Fly Rodders地球丸
釣りビジョン

---------------------------

[ Other ]

サンスイ横浜店 @横浜
サンスイ池袋店 @東京
サンスイ上野店 @東京
ハーミット @東京
釣道楽屋サバロ @東京
ロックス @埼玉
ドラグフリー @大阪
フリーライドアングラーズ@大阪
マヒナメレ @石垣島
ヤフィタ @石垣島
ラフラガーデン @西表島

FFI
IGFA
JGFA

西表島エコツーリズム協会

---------------------------

当ブログのタイトルを含む内容のすべてを無断で複製(コピー)することは、法律で認められた場合を除き、著作者である当ブログ執筆者の権利の侵害となりますので、ご注意ください。

カテゴリ

全体
sw fly fishing
fw fly fishing
various fishing
fly tying
fly casting
fishing gear
outdoor clothing
fishing school
event
other……
works
galley
未分類

以前の記事

2018年 03月
2018年 01月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月

その他のジャンル

最新の記事

はじめてのフライフィッシング
at 2018-03-30 12:20
パタゴニアストアでのトークイ..
at 2018-03-12 17:52
海用フライのタイイングデモ開催
at 2018-01-22 16:20
フィッシングショーにご来場あ..
at 2018-01-22 15:22
明日からJAPAN FISH..
at 2018-01-18 12:33
おばあ vs ふらいの人
at 2017-10-26 12:52
TIEMCO ボートシーバス..
at 2017-10-11 09:00
シーバス秋の盛期に突入!
at 2017-10-10 09:54
釣った魚を食べるということ
at 2017-10-09 11:36
2017年の相模湾オフショア..
at 2017-10-07 13:41

記事ランキング

カテゴリ:fishing gear( 7 )

私の愛用品 #08 - Patagonia Stormfront -

f0315711_18191192.jpg
【 混同されやすいのですが防水と完全防水は全くの別物です 】

愛用品 #01でもご紹介したストームフロント・ヒップ・パックですが、昨秋にリニューアルされ、さらに使いやすくなっております。もうこのシリーズは愛用品以上に、「必携のギア」といえるほど活躍してくれています。


f0315711_19382614.jpg

ボックス型だった前製品までと比較して体に沿うような形状になり、荷重が外側に逃げないため、同じ量の荷物でもいくらか軽く感じます。また、ベルトの取り付け部はかなり頑丈なので、ここが劣化して浸水する心配も軽減されています。

さらにシンプルな構造に戻ったので乾燥時間も短縮され、外側のポケット(耐水ジッパー)には水抜きのための穴も新設。これらはとても重要で、航空機を使う遠方への釣行では、できるだけ早く乾いて軽くなってほしいのです。

理想をいえば中に仕切りが欲しいところですが、パーツが多くなるほど浸水の恐れや壊れる心配もありますし、もちろんコストも増してしまいます。ここは大小の密閉袋を用意して対応すればよいことですし、各々好きにアレンジできると割り切っています。

愛用品 #01でも書きましたが……このパックを使うまでは海でも旧製品のヒップチェストパックを使っていました。フライボックスを防水にするなど(何個も持つとかなり重いです)、入れるものに気を使っていましたが、ストームフロントであれば超軽量のmorellフイライボックスも使えますので、斜め掛けすることが多い私は肩への負担がかなり軽減しました(ちなみに淡水ではヒップチェストパックを使うことも多いです)。

   製品詳細(Patagonia HPより転載)
  • TPUコーティングを施した耐久性に優れ頑丈なポリエステル素材は完全防水性を提供
  • フライボックスや小型カメラ、予備のウェアを収納できるメインコンパートメント。アクセスしやすい完全防水性のTIZIPを採用したジッパー付き
  • かさばらないパッド入りの調節可能なヒップベルトとネックストラップは、大量のギアと荷重配分に対応
  • 防水性素材に穴をあけることなく鉗子やピンオンリールを取り付けられる便利なホルダー付き
  • Rear adjustable lash straps for a rod tube or jacket
  • 11.75オンス・800デニール・ナイロン100%。片面にTPU(サーモプラスチック・ポリウレタン)コーティング、DWR(耐久性撥水)加工済み
  • 564 g (19.9 oz)
  • フィリピン製
f0315711_18191278.jpg
【 ケースのないエーベル社ヘモスタットはこんな感じで(左)/背面のD管にフィッシュグリップ、ストラップにはTG4用のケース(右)】



以前まで航空機の移動では預け荷物にグレート・ディバイダーをフレイトライナー・マックス(旧製品)に入れて運んでいました。しかし1グラムでも軽くしたいと思い、ブラックホール・ウィールド・ダッフルとストームフロント・パックに変更。これに機内持ち込みはブラックホール・パックの組み合わせが一時期の定番でした。

しかし何でパックを2つも持って旅をしているんだろう? という疑問が……(笑) これには理由があって、チケットやら小物を出し入れするには、ほぼ1室構造のストームフロント・パックが使いにくかったからです。

そして現行ストームフロント・パックですが、前モデルから付いた外側のポケットが弾性素材に変わったことで、より使い勝手がよくなりました。この耐水性ポケット(完全防水ではありません)が見た目以上に収納力があり、チケットや財布以外にもすぐに出し入れしたい、スマートフォンからコンパクトデジカメまで詰め込めます(保安検査を通る時に便利です)。

このポケットが付いたことによって、パックが1つになりました。移動時には一眼レフやMacBook、iPadなどを入れて運び、現地に着いたら予備のフライボックスやリールなどに入れ替えてボートバッグにしたり、荷物が多い時にはヒップ・パックの代わりに使っています。

トップ写真のパックはもう一年以上、かなり重い荷物を入れて旅に連れ回しておりますが、まったくトラブルもなく愛着が増してきました。

   製品詳細(Patagonia HPより転載)
  • TPUコーティングを施した耐久性に優れ頑丈なナイロン素材は完全防水性を提供
  • 大型メインコンパートメントは完全防水性のTIZIPを採用したジッパーで容易にアクセス可能。15インチまでのラップトップ・コンピューターや一眼レフカメラ、複数のフライボックスを収納できる大きさ。外側に小物の収納に便利なポケット付き
  • かさばらないパッド入りの調節可能なショルダーハーネスと取り外し可能なウエストベル
  • 外側にロッドチューブを取り付けられる2つのウェビング・ループ付き
  • 鉗子やピンオンリールを取り付けられる便利なホルダー付き
  • パタゴニアのコンバーティブル・ベスト(別売)を取り付け可能
  • 11.7オンス・800デニール・ナイロン100%。片面にTPU(サーモプラスチック・ポリウレタン)コーティングとDWR(耐久性撥水)加工済み
  • 822 g (29 oz)
  • フィリピン製


f0315711_19382604.jpg

私の釣りでは出番が少ないのが現状ですが、釣りをしながら一眼レフを持ち歩く取材には重宝しています。もちろんストームフロント・パックでもよいのですが、小物とカメラを入れるのには20リットルがちょうどよいサイズなのです。

また、ストームフロント・パックはカメラを出すたびに降ろさなければならないのですが、スリングであれば前方に回すだけで取り出せます。動きのあるフライフィッシングでは一瞬を逃さないように、いつでも素早くカメラを構えられる状態でいたいものです。

   製品詳細(Patagonia HPより転載)
  • TPUコーティングを施した耐久性に優れ頑丈なナイロン素材は完全防水性を提供
  • フライボックスや小型カメラ、予備のウェアを収納できるメインコンパートメント。アクセスしやすい完全防水性のTIZIPを採用したジッパー付き
  • 右肩に掛けられる、かさばらないパッド入りの調節可能なショルダーストラップ
  • アクセスが容易なハンドル付き
  • 鉗子やピンオンリールを取り付けられる便利なホルダー付き
  • 11.7オンス・800デニール・ナイロン100%。片面にTPU(サーモプラスチック・ポリウレタン)コーティングとDWR(耐久性撥水)加工済み
  • 657 g (23.2 oz)
  • フィリピン製


製品の中には防水と表記されているバッグがありますが、その多くは止水や耐水ジッパーを使用しているので、水圧をかけると浸水します(雨程度なら大丈夫なのですが)。「水圧なんてかけない」と思うかもしれませんが、水に入れるだけでもいくらかの水圧はかかるのです。

上記3製品はすべて頑丈なナイロン素材と、メインコンパートメントには完全防水性のTIZIPを採用しており、空気を満タンにすれば浮き輪としても使えるほどの密閉力です(あくまでイメージですが……ゴムボートのような感じ)。

もちろんPFD的な使い方はおすすめできませんが、不意に深みに入ってしまった時などは、浮力の補助にはなってくれます(私が使う時には息を吹き込んでからTIZIPを閉めるようにしています)。

これからの季節、海や川に出掛ける際には、収納物が濡れる心配がないストームフロントシリーズが、一層活躍してくれそうです。

一部の写真は販売されている製品と仕様が異なっている場合がありますので、詳細は下記パタゴニアHPでご確認ください。




[PR]
by Jun_Nakane | 2017-07-08 10:00 | fishing gear

私の愛用品 #07 - 普段使いのSMITH -

f0315711_12491968.jpg

私はスミス社の偏光グラスを愛用していますが、釣り以外の日常でもスミスが活躍しています。

中央はNo.5のフレームを使ったリーディンググラス。
いわゆる老眼鏡ですが小さなフライを巻く時には必需品。
眼鏡店で検眼したうえ、常用する距離に合わせて、タイイング専用の眼鏡を作りました。

左の2つはNo.8ですが、手前はスミスジャパン取り扱いのHYDEレンズモデル。
HYDEレンズは目を守ることに特化したレンズで、99%紫外線カット、PCモニターの余分な光をカット、乱反射を78%カット、チリやホコリも低減してくれる優れもの。
なおかつ限りなく透明に近いレンズですので、1日中掛けっぱなしでもOKです。

左奥は同じくNo.8フレームにナイトオレンジを入れた、夜釣り用眼鏡。
不意に飛んでくるフライやルアーなどから目を守りつつ、視界の明るさを確保してくれます。夜釣りでは常用している眼鏡です。

そして右のLowdown Slimは夜間行動用の眼鏡。
今のところ運転免許は眼鏡使用をせずに更新できるのですが、それでも若いころに比べると視力も悪くなりました。特に雨の降る夜間の運転など、ちょっと視界が悪くなると不安なため、最近になって作った眼鏡です。

「何か最近見え辛くなったなぁ」と感じているのに我慢していると、眼精疲労が蓄積して頭痛や食欲不振の原因になります。そんな時は無理せずに眼鏡を利用したほうがストレスなく過ごせますね。

ちなみに次号FlyFisher7月号の特集は老眼です。
私も体験談を書いていますので、ぜひお読みください!




[PR]
by Jun_Nakane | 2017-05-15 13:17 | fishing gear

私の愛用品 #06 - HATCH FLY REELS -

f0315711_16511292.jpg
【 タックルも木陰でシエスタ @ Maldives 】

ここ数年愛用してきた、ハッチ・アウトドアーズ社のリール。海のFFを愛好する皆さんも使っている方が多いリールですね。

f0315711_16511397.jpg
【 ハッチを使い始めた頃。自国の製品なのにガイドはまだ知りませんでした @ Long Island 】

私が使い始めたのが2008年の春ごろからですので、もう10年近くスタメンで活躍してくれています。当時はタイフーンとモンスーン、パルス(3種でしたっけ?)などのボディーに各サイズ共通のスプールでしたが、現在はフィナティック1種になっています。もちろん新旧モデルのスプールはすべて互換性があります。ちなみに私は7Plusを3台、9Plusを1台使っています。

f0315711_16511370.jpg
【 インド洋のボーンフィッシュを初めて釣った時も…… @ Maldives
f0315711_16511542.jpg
…… 9Plusではオーバースペックなカスミをキャッチしたのもハッチ @ Maldives

タイフーンやモンスーンは丸穴のスプールでしたが、フィナティックは風車の羽根のような肉抜き。最初は「前のデザインが格好よかったな〜」と思っていたのですが、これはプロダクトデザイン全般によくある感慨。見慣れてくると、結局新しいほうが格好よいと思うようになる(車なども同じですね)。

f0315711_16511433.jpg
【 ルイジアナ南西部の湿地帯でレッドフィッシュと再会した時や…… @ Louisiana 】
f0315711_16511493.jpg
…… 南東部でブラックドラムを釣った時もハッチでした @ Louisiana

世界のリールすべてを使ったことがあるわけではないので、このリールが他の製品と比較して「最高」などとは言いません。ですが、平均点がとても高いリールだと感じます。

何といっても9年間使っていて大きなトラブルがない。ズボラな私は水洗いだけの状態で使い倒していますが、ちょっとハンドルが回りにくいかな? 程度で、急いでいる時は「666」や「WD-40」を少量吹いてやれば元どおり。ドラグも密閉されているので性能変化がとても少ない。あえて言うならリールフットがボディーと一体成形なので、曲がってしまうと面倒なこと。でもこれは落とさなければ問題ないはず(ほかのリールフットも落とせば曲がることはあります)。

メンテナンスフリーでトラブルが少ないのは「最近のリールだったら当たり前」と思うかもしれませんが、時には2週間以上も炎天下の海水にジャブジャブと浸けていますので、想像以上に過酷な環境でも使っています(毎日釣り終わったら水をかけて放置です)。海の釣りでトラブルが少ないというのは道具を選ぶうえでとても大切。特に遠方への釣りで壊れたら、その後の釣りが続けられなくなってしまうので最重要(それでも予備は持っていきましょうね)。

f0315711_16511490.jpg
【 リリースしたボーンフィッシュを見送った後も…… @ Christmas Island
f0315711_16511550.jpg
【 ……おっとっと、ボーンを落としそうになった時もハッチですね @ Christmas Island 】
あえて環境が多様な海外写真を選びましたが、国内でもシーバスから沖縄の釣りまで活躍しています。


私が最初にハッチを選んだ理由はデザインでした。ブランドロゴが格好よい。さらにリール本体の金属感が、伊モーターサイクルの「ビモータ」や「ヴァイルス」のなど、ハンドメイドバイクに似た質感。カスタムショップ(っていう名称もよい)のロゴも米国ギターメーカーのフェンダー社カスタムショップのイメージ。

どれも二輪車や音楽に親しんできた私の琴線をくすぐります。私もデザイナーの端くれですから、使っていてはもちろんのこと、置いているだけでも格好のよい製品には魅かれますね。何よりも作り手のデザインに対する意識の高さを感じます。

また今年も北から南まで、引っ張り回すので頑張ってもらわないと!
そういえば、日本限定カラーが発売されたようです(艶消し黒&橙色…格好よいですね)。
f0315711_17085450.jpg

※上記の取り扱いは悪い例です。釣行後はラインを抜いて水洗いしたら充分乾燥させて、可動箇所に専用オイルを塗布して保管してくださいね


[PR]
by Jun_Nakane | 2017-04-14 17:23 | fishing gear

私の愛用品 #05 - SUNCLOUD Polarized Sunglasses -

f0315711_16510589.png

米国においてアウトドアサングラス市場で売り上げNo1の実績を誇るSUNCLOUD。SMITHと同様に私が愛用している偏光グラスです。

全モデルがUVを100%カットする、高品質のポリカーボネイト偏光レンズを採用。SMITH OPTICSの兄弟ブランドですから、その作りに手抜きはありません。それでいて、ほとんどのモデルは税込8000円台というリーズナブルな価格です。
f0315711_16482891.jpg
私がおもに使っているのが上写真の2モデル。釣り専用というよりは日常に着用するサングラス兼用的な使い方ですが、いざ釣り場でSMITHの偏光グラスを忘れたときにも活躍してくれています。

正直言うと全米で最も売れているって本当? と思っていましたが、先日アメリカ西海岸に行って納得。REIなどのアウトドア専門店から、空港ショップまであちらこちらで見かけ、その取扱店の多さに驚きました。

釣り人にとって偏光グラスの必要性は説明する必要はありませんね。紫外線から目を守ると同時に、水中が見えるということは、そのまま釣果につがることもあります。もちろん不意に飛んでくるルアーやフライからの保護にも重要なアイテムです。

しかし釣りでは必携アイテムにも関わらず、同じような水場で遊ぶカヤックやSUPなどを楽しむ皆さんには、いまだ浸透していないのが現実のようです。もし「沈」した場合、その場のおおよその水深や水底の状態が分かると安全だと思うのですが……落ちないにしても水中のサンゴや魚たちが見えるって最高です。さらにドライブにも有効です。フロントガラスに映り込むすべてをきれいにカットしてくれます。

f0315711_17393673.jpg
【 落とすのが不安な人には水に浮くスミス製リテーナーもあります 】

紫外線は目にとても有害です。春から秋の日中は曇っていても多くの紫外線が降り注いでいます(特に5〜8月は強力です)。日本ではサングラスや偏光グラスをファッションアイテムとしてとらえがちですが、フィールドにおいては目の保護器でもあります。将来、白内障などにならないためにも晴天時に限らず着用したいものです。

f0315711_17495081.jpg
【 休日にはSUPを楽しむラフラガーデンご店主のサトルさんも愛用 】

お取り扱いが増えているSUNCLOUDですが、西表島の『ラフラガーデン』さんでも購入できます。各種アウトドアアクティビティのツアーへお出かけの前に、ぜひお試しください。今まで見ることのできなかった素晴らしい世界に出会えるはずです。

住所:沖縄県八重山郡竹富町上原550-1 2F(上原港から徒歩2分)
電話:0980-85-7088
※『ラフラガーデン』に展示のSUNCLOUDは、すべて日本正規輸入代理店『スミスジャパン』が取り扱う正規品です。

サンクラウド製品に関する詳細はこちらをご参照ください。




[PR]
by Jun_Nakane | 2016-07-02 09:00 | fishing gear

釣り人のための消臭剤

f0315711_04150453.jpg
 釣りを愛するプロが選んだアイテムを販売する「TSUTTA」オリジナルの消臭剤『FISHERMAN DEODRANT』が発売されました。

 関東地方でもそろそろ梅雨入り間近。その後の夏本番も控えて高温多湿の季節がやってきます。濡れた雨具やウエーダーを乾かしたいけれど、野外は小雨でちょっと億劫。なんて2、3日放置したら嫌なにおいが……。経験したことありませんか?

 そこで『FISHERMAN DEODRANT』が活躍! 成分はでんぷん質で舐めても安全な無臭。金属腐食、漂泊、脱色もしないので、どんな所にも使えます。一般的な芳香剤のように匂いでごまかさないので、どなたにも安心して使えるところが◎。

 私も先日、11日間の沖縄トリップで使用しましたが、汗臭さとは無縁の清々しい毎日を過ごせました!(以下HPからの引用です)

『FISHERMAN DEODRANT』は国際特許技術で作られたグラフトポリマーの消臭剤。
グラフトとは「接ぎ木」の意味で、枝を伸ばした高分子に悪臭物質を吸着させて無臭無害化させる。

タバコの悪臭、体臭、腐敗臭などが速攻で消え、実験では1㎡使用料100ccあたりタバコ618本分のホルムアルデヒトを吸着・無臭化させた。
横浜国立大学で試験されたデータでは、タバコ・焼き肉臭などに含まれるアセトアルデヒトの吸着量は通常市販品の110倍、
汗やタバコなどのアンモニアは通常市販品の100倍、トリメルチアミンは通常市販品の5倍の効果が得られたというから驚き。

釣り人にとって車内やウエアの悪臭は悩みの種だ。とりわけ寄せエサを使う磯釣りや沖釣り、濡れ物用品の多いアユ・渓流釣りは臭いやすい。

この『FISHERMAN DEODRANT』はスプレータイプとゲルタイプの2種類がある。
たとえば車内で使う場合、スプレータイプならシートに吹き付けるだけで、吸着材が臭いを取り続けるまで長時間持続する。

消臭剤の成分はでんぷん質で舐めても安全。
液剤は金属腐食、漂泊、脱色もしないので、どんな所で使っても安心だ。
芳香剤のように別の匂いでごまかさず、無臭であるのもうれしい。
一度使うと手放せない、まさに釣り人のための消臭剤をぜひお試しあれ。




[PR]
by Jun_Nakane | 2015-06-06 15:34 | fishing gear

私の愛用品 #02 - SMITH Polarized Sunglasses -

f0315711_19352037.jpg
f0315711_19282926.jpg
【私が使用する2種6色のスミス偏光グラス】

 釣りに必携のアイテムが偏光グラス。水中の情報を釣り人に伝え、さらに目を保護してくれる重要な装備です。私も2012年まで、さまざまな製品を使ってきました。

 まず10代はお金もありませんから、釣具量販店で売っているような安価なもの。20代になると洒落っ気もでてきますから(笑)好きなフレームを買って、英国ピルキントン社のレンズなどを入れて使っていました。

 20代も後半になると米国アクション・オプティクスを使い始めて、その後10年以上メインの偏光グラスでした。途中サイトマスターやオークリー、マウイ・ジム、コスタ・デル・マーなど、数多くのグラスも使いましたが、所有している3本のアクション・オプティクスは常に使い続けています。

 縁あって一昨年よりサポートしていただいている『SMITH』こそ、アクション・オプティクスのDNAを受け継ぐメーカー。縁というのは不思議なものですね。

私が偏光グラスを選ぶうえで基準としていることは……
●クリアな視界
キズが付きにくいガラスが最適ですが重いという欠点もあります。CRレンズは軽くガラスに近い視界が得られます。
●余計な光が入り込まない8ベースカーブ以上のフィット
サイトフィッシングでは特に気にします。クリアな視界の確保とともに眼の疲れを軽減してくれます。
●同じフレームで豊富なレンズカラー
着け心地は一定のほうが精神的に楽なように思います。また快晴の海用に濃いレンズの製品があることが重要です。
●格好がよいこと
実用面を考えると軽視しそうですが、もしかして最も重要かな(笑)

 その『SMITH』で私が釣り用に選んだモデルはTechlite偏光レンズとPolar X偏光レンズのモデル2種類(各3色のレンズカラー)。どちらも「もう少し見えたら……」を解消してくれる優秀な偏光グラスです。

 そしていま気になっているレンズがChromaPop偏光レンズとPolar X偏光レンズのX-Light Brown 40です。後者はブラウン系の可視光線透過率40%なのでかなり明るく見えるはず。薄暗い渓流や曇天の日に活躍してくれそうです。

製品の詳細は『SMITH JAPAN』HPを参照してください。


About Smith.

SMITH社は、1965年に世界初となるダブルレンズと空気の抜けるフォーム素材をスノーゴーグルに採用しアイダホ州・サンバレーで設立されました。50年の間、業界のリーダーとしてアウトドアの楽しさを追求するための、アイウェアやヘルメットに革新をもたらしました。
SMITHはこれからもスノー、サーフィン、バイク、フィッシングそしてアウトドアを愛する人々の個性とパフォーマンスを支え、スリリングで楽しい経験を提供できるような技術を追求します。私たちにとってアウトドアを楽しむことが全てです。




[PR]
by Jun_Nakane | 2015-05-03 19:50 | fishing gear

私の愛用品 #01 - Patagonia Stormfront Hip Pack -

f0315711_16213035.jpg
 私が海でのウエーディングでは欠かすことのできない完全防水のヒップパックが、パタゴニア社の
Stormfront Hip Pack』です。

 TIZIPジッパーは完全防水、防腐性なので海水でも安心して使えて、釣行後のメンテナンスも丸洗いできますからとても楽なんです。今期は素材を変更して耐久性を向上。前モデルを使っていて外側に簡易的でもよいからポケットがあれば、ストリッピングガードや防水コンデジなどを入れておけるのにな〜、と考えていたところ、外側に撥水性ジッパー式ポケットが追加。さらに使いやすくなりました。

f0315711_16213969.jpg
【 Photo by Yoichi Nagai(写真のパックは旧モデルです)

 私の場合は腰上にもウエーディングするため、おもに肩から斜め掛けして使っていますが、腰に着けた時には加重を分散してサポートしてくれるネックストラップも追加されたので、釣りをしながら一眼レフを持ち歩くにも重宝しそうですね。フィッシングベストを愛用されている方も、ベストの下にネックストラップを斜め掛けすれば、雨や水飛沫を気にすることがまったくありません。

 このパックを使うまでは旧製品のヒップチェストパックを使っていました。防水ではないためフライボックスなど入れるものに気を使っていましたが、ストームフロントであれば超軽量のmorellフイライボックスも使えますので、肩への負担はかなり軽減しました。この組み合わせはとっても楽ですよ!

製品詳細(www.patagonia.com/jp/より転載)
•片面にTPUコーティングを施し、すべての継ぎ目を接合した完全防水性構造
•防水性の素材と構造に加え、完全防水性のTIZIPをジッパーに採用。外側に撥水性ジッパー式ポケット付き
•通気性に優れたメッシュで補強済みの調節可能なヒップベルトとネックストラップは、大量のギアと荷重配分に対応
•アクセスが容易なハンドル付き
•サイドに鉗子やピンオンリールの取り付けに便利なホルダー付き
•ロッドチューブやジャケットを取り付けられる調節可能なストラップ付き

より詳しい仕様などはこちらまで




[PR]
by Jun_Nakane | 2014-05-04 14:07 | fishing gear