Salty Geek


by Jun_Nakane

プロフィールを見る

■Profile of the writer■
--------------------------

中根淳一  Junichi Nakane

横浜と湘南の海にほど近い街に生まれ育ち、6歳のときに初めて釣り竿を手にしてから10歳でルアーフィッシング、12歳になると父親の影響でフライフィッシングをはじめる。現在ではソルトウォーター・フライフィッシングを得意としながら、湖や川へも通い、フィールドを選ばず幅広く釣りを楽しんでいる。同時にフライキャスティングセッション「CASTOUT」の主宰やフィッシング・イベントの企画・運営、各種スクール講師、さらに雑誌への連載執筆など精力的に活動中。職業はグラフィックデザイナー、イラストレーター、ライター。

Patagonia
 フライフィッシング・アンバサダー

Smith Optics
 フィールドアドバイザリースタッフ

IFFF認定
 キャスティングインストラクター

● 著書
 Salty Flies
(つり人社)

 Salty Talks
(つり人社)



■LINK■
---------------------------

[ Manufacturer ]










フライフィッシング・スクール情報




---------------------------

[ Guide ]

ONE OCEAN @西表島
RED HEAD @石垣島
Swinging @沖縄島
丸伊丸 @横須賀
icfc @横浜
SEAKURO @横浜
PALLAS FGS @横浜

---------------------------

[ media ]

Fly Fisherつり人社
Fly Rodders地球丸
釣りビジョン

---------------------------

[ Other ]

サンスイ横浜店 @横浜
サンスイ池袋店 @東京
サンスイ上野店 @東京
ハーミット @東京
釣道楽屋サバロ @東京
ロックス @埼玉
ドラグフリー @大阪
フリーライドアングラーズ@大阪
マヒナメレ @石垣島
ヤフィタ @石垣島
ラフラガーデン @西表島

FFI
IGFA
JGFA

西表島エコツーリズム協会

---------------------------

当ブログのタイトルを含む内容のすべてを無断で複製(コピー)することは、法律で認められた場合を除き、著作者である当ブログ執筆者の権利の侵害となりますので、ご注意ください。

カテゴリ

全体
sw fly fishing
fw fly fishing
various fishing
fly tying
fly casting
fishing gear
outdoor clothing
fishing school
event
other……
works
galley
未分類

以前の記事

2018年 03月
2018年 01月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月

最新の記事

はじめてのフライフィッシング
at 2018-03-30 12:20
パタゴニアストアでのトークイ..
at 2018-03-12 17:52
海用フライのタイイングデモ開催
at 2018-01-22 16:20
フィッシングショーにご来場あ..
at 2018-01-22 15:22
明日からJAPAN FISH..
at 2018-01-18 12:33
おばあ vs ふらいの人
at 2017-10-26 12:52
TIEMCO ボートシーバス..
at 2017-10-11 09:00
シーバス秋の盛期に突入!
at 2017-10-10 09:54
釣った魚を食べるということ
at 2017-10-09 11:36
2017年の相模湾オフショア..
at 2017-10-07 13:41

記事ランキング

カテゴリ:other……( 22 )

釣った魚を食べるということ

f0315711_14380896.jpg
釣った魚を食べるということ……下記はあくまでも私個人の考え方にもとづいた内容です。私にかかわる企業や媒体には一切の責任はございませんので、ご批判などは私個人のみへお寄せください。

9月のオフショアで釣れたカツオを美味しくいただきました。私の釣りでは、常にキャッチ&リリースを基本としておりますが、年に1、2度だけ家族が1〜2日で食べきる量という範囲で持ち帰ることもあります(トラウトを持ち帰るのは管理釣り場のみです

f0315711_13485541.jpg

今回はカツオ1尾を持ち帰り、タタキ、おろしポンズ、ユッケを作り、翌日も角煮にして余すことなく美味しくいただきました(私が調理しましたので余しません)。


釣りはジャンルを問わず、魚がいなければ成立しない遊びです。疑似餌によく反応してくれる個体は、その特徴を遺伝子として、子孫へ受け継ぐという話しも聞きます(ルアーやフライで釣れた魚の子供や孫は、同じくルアーやフライで釣れる可能性が高くなる)。ですので、リリースはとても大事なことです。


家族が1~2日で食べきる量というのは、私が決めたルールです。リリースが大事と言っておきながら矛盾しているかもしれませんが、時には自分で殺して食べることにより、そのありがたみを噛み締めたいと思っています。


家族が……は、先輩フライフィッシャーである父親から受け継いだ考えでもあります(実際には「家族がその日に食べる分だけ」)。これは魚が減少しない適量なのか分かりませんが、お隣やご近所に配るような量は持ち帰らないようにしています。


漁師さんの獲った魚も感謝して食べておりますが、やはり実感として「自分の手で……」ほどの強い印象はありません。また、お子様がいらっしゃる方は切り身ではなく、生きて泳いでいたそのものの姿を見せて、その命が自分や家族の糧になっていることを教えていただきたいです。


私は寿司屋の息子です。当時は店の2階に住んでおりましたので、生命の尊さが分からないような小さな頃から、毎日生きた魚に触れて、生き物から食べ物になっていく過程を見てきました。ですので強く感じますが、その命を自らに取り込むことによって「生きていけるという現実」を直接的に感じるためにも、自らの手で調理して、食べてみるのもよいと思うのです。


海に囲まれた日本では、古来から魚食の文化が根付いています。

しかし、このまま消費し続けると絶滅しかねない魚がいます。

これ以上環境を破壊し続けると子孫を残せない魚もいます。

その魚たちを「守っていく」意識を強く持ち続けるため、絶った命を余すことなく美味しくいただくことで「なぜ守らなければいけないのか」ということを、常に忘れないようにしたいと感じております。


本稿はあくまでも「釣った魚を食べるということ」を推奨するものではありません。「食べる」か「食べない」かは、フィールドの現状をよく知っている、釣り人の皆さんが個人で判断すればよいと思います。


でも、「釣れなくなったら」「食べられなくなったら」嫌ですよね?


オフショアの釣りだけ紹介するつもりが、追加でちょっと難しい話になりましたが、釣りは「食べる」「食べない」にかかわらず楽しいものです!


今回はコメントを書き込めるようにしてありますので、冒頭に述べたようにご意見やご批判は、私のみにお寄せください。





[PR]
by Jun_Nakane | 2017-10-09 11:36 | other…… | Comments(0)

ちょっと一休み

f0315711_12592748.jpg

釣り場まで2時間以上歩くこともある山岳渓流では、可能な限り荷物は減らしたいもの。とは言っても疲労回復などにエネルギー補給は重要。そんな時にパタゴニア・プロビジョンズのフルーツ+アーモンド・バーはいかがでしょう?

先週の南会津釣行初日は寝不足ということもあり、杣道の往復2時間+釣り上がりは6時間ちょっとでしたので比較的ライト(昨年は初日から往復6時間+釣り上がりは3時間……)。

朝食はしっかりと食べて、昼食用におにぎり2個。午後には小腹が減るけれど、これ以上は持ち歩きたくない。さらに飲み水も重量増になるため、川の水を濾過です。

これらに今回はマンゴー+アーモンド・バーとインカベリー+アーモンド・バーを携行。どちらも甘み控え目で酸味もほどよく、軽食後のデザートや小腹が減った時にちょうどよい感じ。

すべて遺伝子組み換え不使用の有機栽培果物とアーモンド、チアシード、果汁のみを使用しているので、果物本来の甘みと酸味です。1本(35g)120Kcalなので、グラムあたりの熱量もまずまず。何より、乾いた口に酸味が広がって食べやすい。

これからの盛夏、山奥へ釣りに出かける皆様にはおすすめです。



遺伝子組み換え不使用の有機栽培の果物とアーモンド、チアシード、果汁のみを使用し、果物本来の風味とローストアーモンドの歯ごたえ、バオバブのかすかな酸味をいかした豊かな食感です。未開封のバーは冷蔵不要で、常温保存可能。エネルギーが直ぐに必要なときにも便利な栄養価が高くおいしいバーです。(PatagoniaHPから転載)

左から……パタゴニア プロビジョンズ・マンゴー+アーモンド・バー、アプリコット+アーモンド・バー、インカベリー+アーモンド・バー。私はマンゴーがお気に入りです(元々マンゴーが好きなのです)が、酸味が苦手な方でも美味しくいただけますよ。




[PR]
by Jun_Nakane | 2017-07-25 13:37 | other……

#6/0から#20へ

f0315711_17154787.jpg
【 #6/0と#20フックってこれだけの差があります 】

皆さん釣りの準備は整っておりますでしょうか? すでに解禁している河川もありますが、首都圏では3月1日以降に本格的なシーズンが開幕します。

毎年のようにオフシーズンになると「今年こそはフライを巻くぞ!」と意気込むのですが、結局間際になって慌てる始末。いつものことなので慣れておりますが、ここ数日間は#16〜20のフライを必死で巻いております。しかし、その直前まで20cmを超える大きなフライを巻いていたので、始めは手と目が慣れるのに1〜2本はヘンテコなバランスのドライフライが……(笑)。
f0315711_17154743.jpg
f0315711_17154778.jpg
f0315711_15595885.jpg


せっかくなのでフライボックスも心機一転しようと思い、在庫のボックスにヤマメのイラストを描きました。これを満タンにしたいところですが……最低限必要な分だけでもどうにか……。
f0315711_17154831.jpg
ついでに今年のスケジュール帳と仕事用のノートにも、ターポンとブラウントラウトのイラストを描いてみました。

それではタイイングに戻ります。




[PR]
by Jun_Nakane | 2017-02-26 17:19 | other……

パタゴニア・ファイナルセール

f0315711_15531612.jpg

現在パタゴニア2016年の秋冬物製品を対象としたセール期間中です。さらに2月13日まではファイナルセールで30〜40%OFFになっております。

まだしばらくは寒い季節ですので、すぐに活躍するアイテムがお求めやすくなっております。この機会に「擦り切れてボロボロになるまで着続けたくなる相棒」をおさがしください。




[PR]
by Jun_Nakane | 2017-02-10 16:15 | other……

明けましておめでとうございます

f0315711_20371301.jpg
新春のお喜びを申し上げます
本年もどうぞよろしくお願いいたします

中根淳一




[PR]
by Jun_Nakane | 2017-01-01 00:00 | other……

北島清隆さんの写真展開催

f0315711_14585226.jpg

私も撮影していただき、お世話になっております北嶋清隆さんの写真展が本日より銀座のソニービル・ギャラリー2で開催中です!

北島さんが切り取る沖縄の絶景は、言葉では表現し尽くせない美しさがあります。この機会にぜひそのすばらしい作品をご覧ください。

以下ギャラリーHPより引用

絶景沖縄 -The Beautiful OKINAWA Islands-

2016年7月8日(金)~7月28日(木)
11:00~19:00

この作品展に足を踏み入れたとたん、沖縄の絶景に誰もが息を呑み、その奇跡ともいえる美しさに圧倒されるのではないだろうか。

白い雲が浮かぶ濃紺の空の下に、美しい遠浅のビーチ
 
沈みゆく太陽を背景に豪快にジャンプをするクジラ

コバルトブルーの海中を優雅に舞うマンタ

エメラルドグリーンの海を愛嬌たっぷりに泳ぐウミガメ・・・・

それらの作品を撮影した北島清隆氏は、沖縄へ移り住んで約30年。誰もが捉えられるわけではない沖縄の絶景を次々と作品に仕上げ続けている。SNSのファンページは2万人を超え、沖縄県ランキングのアーティスト部門1位ということからも、その人気の高さがわかる。

現在は、石垣島を拠点に沖縄の島々が見せる絶景を精力的に撮影している北島氏。ヘリコプターやスキューバダイビング、最近ではマルチコプターやスタンドアップパドルボートなどの技術を駆使しているだけでなく、沖縄の島々とそこに住む人々を深く愛しているからこその人脈や情報量といったアドバンテージが存分に活かされている。自身が何度も通い長年かかって蓄積した情報(季節、気象条件、時間、潮の干満、太陽の位置)はもちろんだが、いろいろな島々にいる知人が貴重な存在だ。水中から美しい景色が撮れる場所、素晴らしい夕景が撮れる小さな島の浜辺、星空が美しいポイントなど、そうした情報を教えてくれるのは民宿のおじいや食堂のおばあ、そして島の漁師や地元のガイドなどである。

沖縄在住だからこその強い味方を得て紡いだ北島氏の作品の数々を、静かな波の音に包まれながらゆっくりとご覧いただきたい。

【北島清隆(きたじま きよたか) プロフィール】
1966年生まれ。東京都出身。30年前にマリンスポーツのインストラクターとして八重山諸島の小浜島を訪れた際、その美しい自然に魅せられ東京から移住。人口約500名の小浜島で17年暮らし、現在は石垣島在住。沖縄の島々を中心に南の島々、海と島と空の彩りをテーマに風景や水中、リゾートイメージなどを撮影。作品は広告や雑誌、Webなどで発表している。Facebookのファンページは2万人を超える。2016年7月には写真集「秘密の沖縄 スポットガイド」(エクスナレッジ)を出版予定。日本広告写真家協会正会員。




[PR]
by Jun_Nakane | 2016-07-08 14:59 | other……

2016年 春の西表島&石垣島釣行 その7(最終回・そのほかの出来事)

f0315711_20072968.jpg

永井さん、赤木さん(+1人)と釣りを楽しんだ夜は、海神祭の前夜祭に+1人のタカシくんからお誘いいただきました。そして翌日は白浜海神祭。沖縄県の各地で旧暦の5月4日(ユッカヌヒー/四日の日)に行なわれる海神祭は、その年の豊漁や航海の安全を祈願するお祭り。そのなかで行なわれるハーリー(爬竜船競漕)は島の老若男女が熱くなる一大イベントです。

f0315711_20072927.jpg
【 ゴール直前!】

永井さん率いる「カマイサーファーズ」も毎年参戦。実は今まで見たことがなかったのですが、今回は滞在を少し延ばして観戦です。

カマイサーファーズは残念ながら3位でしたが、熱さはこちらにも伝わってきました。何より大人がチーム一丸になって楽しめるのは最高ですね。

彼らの多くは飲食店の経営や各種ガイドとして活躍しています。仕事の空いた時間を削って毎日のように練習を続け、勝者が得られるのは栄誉のみ(実際は豪華な賞品もありますが一番の目的ではないでしょう)。

日常の生活において、やらなくても困らないようなことに必死で「挑み」「楽しむ」彼らのような大人が訪島したゲストをもてなしてくれるのですから、西表島で遊ぶことが楽しわけですね。

私も釣りという趣味を楽しんでおり、一部は仕事になっています。遊びの楽しさを伝えるには「自らが楽しまなければいけないな」と痛感しました。彼らのように遊びを全開で楽しめるよう常に心掛けたいですね。よいものを見せていただきました。

そしてぶがり(なおし)は夜中まで続く……(長かった〜 笑)。
ハーリーに参加の皆様お疲れ様でした。

翌日は石垣島に戻り、そのまま帰京して17泊18日に及ぶ八重山旅も終了です。
毎回のことですが、私の旅は地元の友人たちがいてこそ楽しませていただいております。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです!
また9月に遊んでくださいね!!


2016年 秋の西表島&石垣島釣行に続く(予定)




[PR]
by Jun_Nakane | 2016-06-30 13:00 | other……

ただいま多忙につき……

f0315711_09105389.jpg
【 海の真ん中で昼食後の一休み 】

 一昨日の夜、18日間という長期間の八重山旅から帰宅。またすぐ旅路につくため鋭意お仕事中。ブログ更新はしばしお持ちください。




[PR]
by Jun_Nakane | 2016-06-11 09:16 | other……

西表島・浦内川の現在

f0315711_19181960.jpg
【 調査対象の6魚種。このほかにも浦内川には多くの守るべき生き物たちが生息しています 】

 このブログでも何度かお伝えしてきました、浦内川の取水パイプの設置による魚類へ及す危惧について……

 現在パタゴニア社のブログ『クリーネストライン』で「沖縄県最長河川のいま」を書かせていただいております。ぜひご一読ください。

 イラストは調査対象になっている魚たちを私が描いたものです。上からシミズシマイサキ、ニセシマイサキ、ウラウチフエダイ、カワボラ、ナガレフウライボラ、ヨコシマイサキ。ほとんどがイリオモテヤマネコ(国の特別天然記念物に指定)と同じ、絶滅危惧IA類(CR)にカテゴリーされている種です。

 このほかにも浦内川には、多くの生き物たちが人間よりも遥か昔から住んでいます。この川に限らず我々が存在することで、少なからず自然は破壊されています。ですが何が必要充分で、どこで踏みとどまるか……その分岐点は常に考えていきたいですね。




[PR]
by Jun_Nakane | 2016-05-23 14:18 | other……

発見50年+1年目

f0315711_16032030.jpg
【 琉球新報社2015年11月19日発行(復刻)】

 昨年2015年はイリオモテヤマネコが発見されて50年という節目の年でした。50年前というと「ずいぶん昔だなぁ」という感覚かもしれませんが、これほど近年に中型哺乳類の新発見はとても珍しいことなのです。しかも発見当時は独立した新属と考えられる大発見だったようです。

 昨年12月上旬、浦内川の魚類調査に同行させていただいた帰り道。空港に向かうまで時間に余裕があったので、いつも立ち寄る山田書店に行きました。帰りの機内でちょっと読む本はないかなと物色していると1冊の新書サイズの本が目にとまりました。

 ボリュームがちょうどよいかな? と手にした本が戸川幸夫氏著の「イリオモテヤマネコ―原始の西表島で発見された“生きた化石動物”の謎」。いつもは八重山の歴史や自然、釣りに関連する本を購入しているのですが、帰りの機内で読むという手軽さを求めていたので新書サイズは最適。購入したときは「羽田までの時間を持て余さなければ」程度の気持ちでしたが……読み始めたら止まらない。帰宅後も仕事をしなければならないのに、寝る間も惜しんで完読しました。

 内容は山猫の情報収集から調査、捕獲。その後に研究のために東京で飼育した記録です。何よりも私が興味を持ったのは西表島の50年前の環境です。南見田から白浜まで当時の島のようすが書かれており、数点の写真からもうかがえます。

f0315711_16032042.jpg
自由国民社1972年9月1日発行(原書)】

 本書は1972年9月1日に自由国民社から発行された同名書の第1章から第4章を復刻したものでした。とういうことは収録されていない章があるのでは? と思い、程度のよい初版原書を入手。確認すると第5章の今泉吉典博士による論文が未収録でした。

 現在イリオモテヤマネコは独立種ではなくベンガルヤマネコの亜種とされているため、論文と内容が異なるので未収録なのかもしれませんね。しかし交通手段も不便な当時に、現場へと調査に向かった戸川氏や協力者の皆さん、研究者の努力や忍耐、熱意は読んでいて感動しました。

f0315711_16032032.jpg
【 郵便局で購入した記念切手 】

 琉球新報社発刊の新書は現在も入手可能ですので、興味のある方はご一読ください。




[PR]
by Jun_Nakane | 2016-02-19 16:21 | other……