Salty Geek


by Jun_Nakane

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

■Profile of the writer■
--------------------------

中根淳一  Junichi Nakane

横浜と湘南の海にほど近い街に生まれ育ち、6歳のときに初めて釣り竿を手にしてから10歳でルアーフィッシング、12歳になると父親の影響でフライフィッシングをはじめる。現在ではソルトウォーター・フライフィッシングを得意としながら、湖や川へも通い、フィールドを選ばず幅広く釣りを楽しんでいる。同時にフライキャスティングセッション「CASTOUT」の主宰やフィッシング・イベントの企画・運営、各種スクール講師、さらに雑誌への連載執筆など精力的に活動中。職業はグラフィックデザイナー、イラストレーター、ライター。

Patagonia
 フライフィッシング・アンバサダー

Smith Optics
 フィールドアドバイザリースタッフ

IFFF認定
 キャスティングインストラクター

● 著書
 Salty Flies
(つり人社)

 Salty Talks
(つり人社)



■LINK■
---------------------------

[ Manufacturer ]










フライフィッシング・スクール情報




---------------------------

[ Guide ]

ONE OCEAN @西表島
RED HEAD @石垣島
Swinging @沖縄島
丸伊丸 @横須賀
icfc @横浜
SEAKURO @横浜
PALLAS FGS @横浜

---------------------------

[ media ]

Fly Fisherつり人社
Fly Rodders地球丸
釣りビジョン

---------------------------

[ Other ]

サンスイ横浜店 @横浜
サンスイ池袋店 @東京
サンスイ上野店 @東京
ハーミット @東京
釣道楽屋サバロ @東京
ロックス @埼玉
ドラグフリー @大阪
フリーライドアングラーズ@大阪
マヒナメレ @石垣島
ヤフィタ @石垣島
ラフラガーデン @西表島

FFI
IGFA
JGFA

西表島エコツーリズム協会

---------------------------

当ブログのタイトルを含む内容のすべてを無断で複製(コピー)することは、法律で認められた場合を除き、著作者である当ブログ執筆者の権利の侵害となりますので、ご注意ください。

カテゴリ

全体
sw fly fishing
fw fly fishing
various fishing
fly tying
fly casting
fishing gear
outdoor clothing
fishing school
event
other……
works
galley
未分類

以前の記事

2018年 03月
2018年 01月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月

その他のジャンル

最新の記事

はじめてのフライフィッシング
at 2018-03-30 12:20
パタゴニアストアでのトークイ..
at 2018-03-12 17:52
海用フライのタイイングデモ開催
at 2018-01-22 16:20
フィッシングショーにご来場あ..
at 2018-01-22 15:22
明日からJAPAN FISH..
at 2018-01-18 12:33
おばあ vs ふらいの人
at 2017-10-26 12:52
TIEMCO ボートシーバス..
at 2017-10-11 09:00
シーバス秋の盛期に突入!
at 2017-10-10 09:54
釣った魚を食べるということ
at 2017-10-09 11:36
2017年の相模湾オフショア..
at 2017-10-07 13:41

記事ランキング

釣った魚を食べるということ

f0315711_14380896.jpg
釣った魚を食べるということ……下記はあくまでも私個人の考え方にもとづいた内容です。私にかかわる企業や媒体には一切の責任はございませんので、ご批判などは私個人のみへお寄せください。

9月のオフショアで釣れたカツオを美味しくいただきました。私の釣りでは、常にキャッチ&リリースを基本としておりますが、年に1、2度だけ家族が1〜2日で食べきる量という範囲で持ち帰ることもあります(トラウトを持ち帰るのは管理釣り場のみです

f0315711_13485541.jpg

今回はカツオ1尾を持ち帰り、タタキ、おろしポンズ、ユッケを作り、翌日も角煮にして余すことなく美味しくいただきました(私が調理しましたので余しません)。


釣りはジャンルを問わず、魚がいなければ成立しない遊びです。疑似餌によく反応してくれる個体は、その特徴を遺伝子として、子孫へ受け継ぐという話しも聞きます(ルアーやフライで釣れた魚の子供や孫は、同じくルアーやフライで釣れる可能性が高くなる)。ですので、リリースはとても大事なことです。


家族が1~2日で食べきる量というのは、私が決めたルールです。リリースが大事と言っておきながら矛盾しているかもしれませんが、時には自分で殺して食べることにより、そのありがたみを噛み締めたいと思っています。


家族が……は、先輩フライフィッシャーである父親から受け継いだ考えでもあります(実際には「家族がその日に食べる分だけ」)。これは魚が減少しない適量なのか分かりませんが、お隣やご近所に配るような量は持ち帰らないようにしています。


漁師さんの獲った魚も感謝して食べておりますが、やはり実感として「自分の手で……」ほどの強い印象はありません。また、お子様がいらっしゃる方は切り身ではなく、生きて泳いでいたそのものの姿を見せて、その命が自分や家族の糧になっていることを教えていただきたいです。


私は寿司屋の息子です。当時は店の2階に住んでおりましたので、生命の尊さが分からないような小さな頃から、毎日生きた魚に触れて、生き物から食べ物になっていく過程を見てきました。ですので強く感じますが、その命を自らに取り込むことによって「生きていけるという現実」を直接的に感じるためにも、自らの手で調理して、食べてみるのもよいと思うのです。


海に囲まれた日本では、古来から魚食の文化が根付いています。

しかし、このまま消費し続けると絶滅しかねない魚がいます。

これ以上環境を破壊し続けると子孫を残せない魚もいます。

その魚たちを「守っていく」意識を強く持ち続けるため、絶った命を余すことなく美味しくいただくことで「なぜ守らなければいけないのか」ということを、常に忘れないようにしたいと感じております。


本稿はあくまでも「釣った魚を食べるということ」を推奨するものではありません。「食べる」か「食べない」かは、フィールドの現状をよく知っている、釣り人の皆さんが個人で判断すればよいと思います。


でも、「釣れなくなったら」「食べられなくなったら」嫌ですよね?


オフショアの釣りだけ紹介するつもりが、追加でちょっと難しい話になりましたが、釣りは「食べる」「食べない」にかかわらず楽しいものです!


今回はコメントを書き込めるようにしてありますので、冒頭に述べたようにご意見やご批判は、私のみにお寄せください。





[PR]
by Jun_Nakane | 2017-10-09 11:36 | other……