Salty Geek


by Jun_Nakane

プロフィールを見る

■Profile of the writer■
--------------------------

中根淳一  Junichi Nakane

横浜と湘南の海にほど近い街に生まれ育ち、6歳のときに初めて釣り竿を手にしてから10歳でルアーフィッシング、12歳になると父親の影響でフライフィッシングをはじめる。現在ではソルトウォーター・フライフィッシングを得意としながら、湖や川へも通い、フィールドを選ばず幅広く釣りを楽しんでいる。同時にフライキャスティングセッション「CASTOUT」の主宰やフィッシング・イベントの企画・運営、各種スクール講師、さらに雑誌への連載執筆など精力的に活動中。職業はグラフィックデザイナー、イラストレーター、ライター。

Patagonia
 フライフィッシング・アンバサダー

Smith Optics
 フィールドアドバイザリースタッフ

IFFF認定
 キャスティングインストラクター

● 著書
 Salty Flies
(つり人社)

 Salty Talks
(つり人社)



■LINK■
---------------------------

[ Manufacturer ]










フライフィッシング・スクール情報




---------------------------

[ Guide ]

ONE OCEAN @西表島
RED HEAD @石垣島
Swinging @沖縄島
丸伊丸 @横須賀
icfc @横浜
SEAKURO @横浜
PALLAS FGS @横浜

---------------------------

[ media ]

Fly Fisherつり人社
Fly Rodders地球丸
釣りビジョン

---------------------------

[ Other ]

サンスイ横浜店 @横浜
サンスイ池袋店 @東京
サンスイ上野店 @東京
ハーミット @東京
釣道楽屋サバロ @東京
ロックス @埼玉
ドラグフリー @大阪
フリーライドアングラーズ@大阪
マヒナメレ @石垣島
ヤフィタ @石垣島
ラフラガーデン @西表島

FFI
IGFA
JGFA

西表島エコツーリズム協会

---------------------------

当ブログのタイトルを含む内容のすべてを無断で複製(コピー)することは、法律で認められた場合を除き、著作者である当ブログ執筆者の権利の侵害となりますので、ご注意ください。

カテゴリ

全体
sw fly fishing
fw fly fishing
various fishing
fly tying
fly casting
fishing gear
outdoor clothing
fishing school
event
other……
works
galley
未分類

以前の記事

2018年 03月
2018年 01月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月

最新の記事

はじめてのフライフィッシング
at 2018-03-30 12:20
パタゴニアストアでのトークイ..
at 2018-03-12 17:52
海用フライのタイイングデモ開催
at 2018-01-22 16:20
フィッシングショーにご来場あ..
at 2018-01-22 15:22
明日からJAPAN FISH..
at 2018-01-18 12:33
おばあ vs ふらいの人
at 2017-10-26 12:52
TIEMCO ボートシーバス..
at 2017-10-11 09:00
シーバス秋の盛期に突入!
at 2017-10-10 09:54
釣った魚を食べるということ
at 2017-10-09 11:36
2017年の相模湾オフショア..
at 2017-10-07 13:41

記事ランキング

2016年 春の西表島&石垣島釣行 その5(釣行会・後編)

f0315711_20294574.jpg
【 Photo : TAKASHI 】

CASTOUT釣行会・前半組の5名が帰京して翌々日、後半組6名が夕方の便で来島です! 前半組と同様に「釣って」「食べて&飲んで」「寝る」だけを繰り返す、釣り人にとって夢の日々が再び幕を開けます!!

f0315711_15374278.jpg
【 チヌ溜まりに当たれば1投1尾 】

早朝のバラス島から帰ったらちょっとゆっくりして、永井さんにフライを巻く講習。そろそろ釣行会の後半組が到着する時間に上原港へお出迎え。フェリーから降りてきた皆さんの笑顔は翌日からの期待に膨らんでおります。こちらも何が起こるのかワクワクしますね。

f0315711_15374224.jpg
【 干潮の川はマングローブフィッシングの醍醐味には欠けますが……

f0315711_15374238.jpg
【 流れの残りに魚が溜まるのでねらいやすい 】

ただし後半の潮周りはマングローブフィッシングにはちょっと不向き。当初は予定していなかった増便ですから仕方ないのですが……せめてもの救いは梅雨だというのに晴天が続いていること。もちろん潮周りの悪いことは皆さん承知ですから、気にせず思いっきり楽しみましょう!

f0315711_15374333.jpg
【 勢い余ってディープウエーディングの池田さん。私もそこまでいったことありませんが(笑)】

f0315711_15374327.jpg
【 少しでも水深のある場所を探っていきます 】

マングローブの釣りといえば腰上まで川に浸かり、支柱根の狭い隙間にフライを捩じ込んでいくイメージでしょうか? しかし後半組の潮周りは昼干潮で干満が激しい日程。おいしい時間帯は極わずか。おもに干上がった川を釣っていくしかありません。でもこの潮はねらいが定めやすいのも確かです。

f0315711_15374334.jpg
【 ボートは河口で待機しているので帰りは干潟を延々歩きます……暑い(笑)】

おそらくカヌーやカヤックから釣れば、もう少しよい条件の場所で、もう少し大きな魚も釣りやすいでしょう。それでも私はウエーディングこだわりたいですし、西表の水の中を歩きたいのです。釣行会に参加の皆さんも私と同じ思いで一緒に楽しんでいただいております(ボートは大きなポイント移動のみに使用)。

f0315711_15375654.jpg
【 ターポンマスクの池田さん。グッドサイズのマングローブジャックですね! 】

f0315711_15375613.jpg
【 マングローブジャック(ゴマフエダイ)はフライに激しくバイトする楽しい魚です 】

f0315711_15375758.jpg
【 こちらもよいジャックです。50cmオーバー?(笑)】

f0315711_15375752.jpg
【 ナンヨウチヌもよいサイズが釣れました 】

f0315711_15375724.jpg
【 池田さんがオリジナルロッドのテスト中に釣れた真っ黒君 】

f0315711_15375728.jpg
【 こちらは早川さんがテスト中。このサイズでも引きを楽しめればよいのですが(笑)】

f0315711_15375770.jpg
【 さらにこちらも石井さんがテスト中。ちょっと珍しいグチ(ホシミゾイサキ)をキャッチ 】

常に流れがあるので水温も低めに推移していたのか、心配するほど釣果も悪くなく、数、サイズともまずまずでした。また、今回の釣行会では現在開発中のオリジナルロッドをテスト。参加の皆さんにも使っていただきその都度、感想をいただきました。

f0315711_15374344.jpg
【 リーフを釣るにはまずまずの潮周り 】

f0315711_15374310.jpg
【 サーフ(砂浜)だって楽しめます。齋藤さん渾身のキャストです 】

f0315711_15374320.jpg
【 やっぱりバラス島はロケーション最高です 】

f0315711_16104204.jpg
【 ウイードエリアの常連マトフエフキ 】

もちろん海釣りも楽しみます。海の上に浮かぶリーフ、内離島と外離島の間にできるサーフ、サンゴが積み重なってできるバラス島などボートでしか行けない、さまざまなロケーションにご案内いたしました。

西表島の大きな魅力はこの釣り場の多様性にあります。海はもちろんのこと河口域に広大なマングローブが群生する河川、純淡水の渓流と毎日どこへ何を釣りに行こうか迷うほどです。私も琉球列島のいくつかの島で釣りをしてきましたが、これほどの島はほかにないのでは? と思います(小規模版はいくつかありますが)。

ただし、このすべての釣り場に行くにはワンオーシャンのガイドがあってこそです!

自動車などで移動する陸っぱりだけも充分楽しめる島ではありますが、遊び尽くすには物足りないですね。何よりポイントを知って、さらに最適な潮位が分からないと陸っぱりすら無理があります。道路から見える海だけではなく、限られた人だけが見ることのできる景色の中で釣りができることに感謝です。

f0315711_15375742.jpg
【 生パイン搾りサワーでしたっけ? 必死にパインと格闘しているお二人(上左右)】

f0315711_15375871.jpg
【 今回は初めて行くお店もありました。とても美味しかったです! 】

f0315711_15375751.jpg
【 この人、毎晩23時過ぎに宿の庭で夜食を食べます。よい子はマネをしないように!(笑)】

後半組も釣り同様に夜の「食」を楽しみます。こちらもよく食べ、よく飲みました。暑い5日間の旅、お疲れ様でした! また来年遊びましょう!!

CASTOUT西表島釣行会は広く募集するフィッシングツアーではありません。豊かな西表の自然に囲まれて現時点の技術の確認や、釣り人として自然との関わりを見つめ直しながら、釣りのみならず八重山の風習や文化、食を楽しむためのトリップです。ですので、何が何尾、何センチなどということだけにとらわれず、私の「面白い」に興味を持っていただける方をお誘いしております。

次回は9月を予定しており、現在定員を満たしておりますが、若干名のみご参加いただけます。もし興味がございましたらこちらをご参照ください。

もちろん釣行会中は西表島の魅力をできる限りお伝えするために、全力、全開で永井さん共々フルサポートさせていただきます!

f0315711_18493621.jpg
オリジナルロッドの詳細は決まり次第ご案内させていただきます。


『2016年 春の西表島&石垣島釣行 その6(ガイドたちとの休日)』へ続く





[PR]
by Jun_Nakane | 2016-06-28 19:54 | sw fly fishing